大向優貴ブログ

障害の話①

今日は少し私の障害の話を。

ここ最近の私しか知らない人は想像しにくいかもしれませんが、実は19歳までは普通に歩いてました

入学式.png

19歳の夏にプールの飛び込みに失敗して今の体になりました。

障害は頚髄損傷というものでした。

知ってます???

脳から伸びた背骨の中を通る脊髄という神経を損傷した場合、脳から送られる命令は脊髄を通って体中に送られます。

それが損傷してしまうと脳に命令が届かなくなります。これを脊髄損傷といいます。神経は脳に近いほど体の重要な機能の命令をしています。

頸髄損傷(頸損とよく言われます)とは、首を損傷した場合、首から下に脳からの指令が伝わらない状態のことをいいます。 頸髄の上部を損傷するほど障害の程度は重くなります。

脊髄損傷になると運動、感覚など障害がおこり機能が麻痺してしまいます。 損傷部分が上部になるほど麻痺の範囲は広がり、日常生活において多くの場面で介護が必要となってしまいます。 今のところ、脊髄は一度損傷すると再生しないとされています。

ips細胞とかが騒がれているのは、この切れた神経をもう一度つなぎなおしてくれるかもしれない!といわれているからですね。

というわけで私は、指と体幹と足は意図的には動かせません。

感覚は鎖骨の下からありません。

握力は0です

パソコンはグローブ使って打ってます。

PC.jpg

グローブにペンぶっさしてます。

ピースも出来ないから写真は大体こんな感じ↓

IMG_0756[1].JPG

写真のキメポーズ、何かいいのあれば教えてください(笑)

車いすに乗ってるから足だけ悪いと思われがちですが指も悪いし、感覚もないよー意外でしょーって話でした!

  • twitter
  • Facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

大向 優貴 プロフィール

パラスイマー
出身地 奈良県
生年月日 1992/8/28
血液型 O型
性格 楽天家でのんびり屋
1度はしてみたいこと スカイダイビング

パラスイムの成績

■2018年
・第24回中四国身体障害者水泳選手権大会
 50m自由形 1位
 50m背泳ぎ 1位
・第29回近畿身体障害者水泳選手権大会
 50m背泳ぎ 1位
 100m自由形 2位
・第25回中部身体障がい者水泳選手権大会
 50m自由形 1位
 50m背泳ぎ 1位
・2018ジャパンパラ水泳競技大会
 50m背泳ぎ 1位
 50m自由形 2位
 100m自由形 3位
・第35回日本パラ障害者水泳選手権大会
 50m背泳ぎ 1位
 50m自由形 1位
■2017年
・第28回近畿身体障がい者水泳選手権大会
 50m 背泳ぎ 1位
 100m 自由形 1位
・2017ジャパンパラ水泳競技大会
  50m 背泳ぎ 1位
  50m 自由形 2位
・第34回日本身体障がい者水泳選手権大会
  50m 背泳ぎ 1位
  50m 自由形 2位
■2016年
・第33回日本身体障がい者水泳選手権大会
  50m 自由形 2位
  50m 背泳ぎ 1位
■2015年
・第26回近畿身体障がい者水泳選手権大会
  25m 背泳ぎ 1位
  50m 背泳ぎ 1位
・ジャパンパラ水泳競技大会
  50m 背泳ぎ 2位
  50m 平泳ぎ 1位

2017年4月フジ住宅に就職。システム室で働きながら、パラリンピックを目指し、水泳に励んでいる。

最新記事