人情はお金で買えない価値がある! プライスレスです。

どうも、ボラボラ探訪です!
今回の探訪先は、ジャジャーン!
豊中市にある豊南市場!

20190129豊南市場4低.jpg

探訪の前に、少しだけ豊南市場のご説明をさせて頂きます。
この豊南市場は、豊中市庄内東町にある大規模な市場で、北摂エリアにおける最大規模の市場なのです!歴史を探訪すると、昭和30年、初代社長 山本 清市氏によって、豊南市場は豊中市庄内に建てられました。
その後、増築されて現在の様になりましたが、阪神淡路大震災によって、平成7年に建て替えられ、現在の姿になりました。
市場ができてから今日まで、新鮮な品質のよい商品を安い値段で売る努力を重ねてきましたので、毎日多くのお客さんが買い物にきてくださいます。(オフィシャルHPより抜粋)
そんな、豊南市場のキャッチコピーが

「同じ品なら必ず安い!同じ値なら品が良い!皆様の台所」

この言い切り方が半端なく、屈強な市場の店主を連想させるマッティング的なマーケティング手法が垣間見れます。

いつもながら、話が脱線してしまいましたが、
では、さっそく、ボラボラ探訪を始めましょう!

これぞ、ザ・市場!
さまざまお店が楽しめる、まさにワンダーランド

20190129豊南市場19低.jpgのサムネイル画像

20190129豊南市場13低.jpg

所狭しとお店が連なる市場界隈。平日の午前10時ということもあり、

買い物をする人はまばら(極力人を避けて撮影しているので...)感じがしますが、

実は、けっこう賑わっておりまます。

自転車置き場もしっかりと完備されているので、ご近所の方も買い物がしやすいのではないでしょうか。

20190129豊南市場9低.jpg

キャッチコピーに偽りは無かった!
市場の神髄を見させて頂きました

市場内は、大勢のお店の方の威勢のいい掛け声が響きわたり、活気溢れている印象です。

(撮影が出来ていなくて申し訳ございません)
私の目利きが確かなら、かなり新鮮で、きれいな野菜や魚が並んでおり、キャッチコピーに偽りはございません!

お店の方から「まいど」と挨拶を交わして頂くと、料理人になった錯覚に陥り、野菜を吟味している自分に気づかされました。

そんな自分に酔いしれて撮影した写真がこれ↓

20190129豊南市場20低.jpg

この商品は、いったい何だったのでしょうか?

20190129豊南市場24低.jpg

鮮度バツグンの海産物もいっぱい!

豊南市場での
ボラボラ探訪を終えて...


いかがでしたでしょうか。

活気溢れる場面をお伝えできなかったことが非常に残念ですが、本当に、街全体が市場を中心に動いている感じがしました。

まさに、皆様の台所!
マイホームを検討する際、重要になってくるのが住環境です。そして、生活に欠かせない食も生活をする上のでのランニングコストとして重要です。マイホームを購入する際、建物や土地の価格に目を奪われがちですが、この街に住むイメージの中で、生活のコストも検討する際の一つの材料としてご検討して頂ければと思います。
豊南市場が楽しめる最寄の分譲地「トリニティスクエアシティ豊中」にて、

さらに詳しい情報を公開中!

https://www.fuji-ie.com/bukken/4409/

では、次回にお会いしましょう!
ボラボラ

プロフィール画像キャップ.jpg

前へ

そう、ここは音楽の街 街中に音楽が満ち溢れている!

次へ

スタッフをご紹介